テレワークとは一体どのような働き方?

ここ最近の新型コロナ感染症の影響で、インターネットやテレビなどではテレワークという働き方がさかんに報道されています。しかし、普段会社員として、会社やオフィスで仕事をしているようなかたにとってはやはり、普段の生活のなかで、会社でのコミュニケーションやまた、仕事のススメ方が基本的な考え方となっているのではないでしょうか。

このようなかたにとってはやはり、テレワークを急に会社が導入すると、最初は正直困惑するのではないでしょうか。普段の仕事のススメ方やライフスタイルとは大きく異なるのがこのようなテレワークですので、まずはどのような仕事が一般的なテレワークと呼ばれるかをみていきましょう。

基本的には会社での働き方と大きな変化はありません

ではテレワークと呼ばれる仕事が導入された場合、自分の働き方は大きく変わってくるのでしょうか。実はそうではない場合がほとんどです。今や会社でパソコンやスマートフォンを使わないことはほとんどないと言っても過言ではないはずです。会社で自分の仕事のパートナーとメールなどでやり取りをすることは当然ですし、資料作成などもパソコンでおこなうことが多いのではないでしょうか。

テレワークと呼ばれる働き方をする場合、会社から支給されたパソコンなどを家で使って、仕事の1部分を在宅でおこなうことが多いのです。やる仕事のほとんどを家でおこなって、会社にいくときは会議やミーティング、必要なプレゼンテーションなどのときなど、必要最低限の場合に限られてきます。この頻度や程度は会社によって大きく異なってきますが、基本的には普段、パソコンを使って家で可能な仕事は家でこなして、どうしても会社に言ったり、人と合わなければならないような仕事をするときには会社に行きましょうと言うのがわかりやすい考え方ではないでしょうか。

しかし、昨今のような新型コロナ感染症の大幅な拡大以前から、大手の会社ではリモートワークを推進しているようなケースもあり、実は全くはじめてリモートワークをするというかたばかりではないはずです。働き方改革が標榜される中で、自分らしい働き方を求めて普段から、家族との時間や通勤時間に抵抗感のあるようなかたは、上手く通勤時間や、会社外での時間を活用して最適な働き方をしています。

時間効率や労働生産性を考えると、実はリモートワークを上手く導入したほうが会社にとっても個人にとっても一定レベルにおいてはやはり、働きやすさやプライベートな面での相乗効果を考えると働きやすくなることは間違いないのです。あえて会社にまで出向かなくても家でできる仕事があればそれをおこなったほうが会社の固定費やオフィスにかかる各種経費を低減できるという考え方は今や誰しもがもつ考え方となっているはずです。

以前まではアウトソーシングとして業務の一部を外部に委託していた会社もありましたが、テレワークで、今後は自社の社員の福利厚生として、在宅ワークを奨励することで、ワークライフバランスを推奨する働き方が広まっていくのではないでしょうか。