情報商材の販売は自己流でやるべきなのでしょうか?
今回は、情報商材の販売をやる上で、自己流でやるべきかどうかを解説します。

結論から言います。自己流はおすすめしません。

自己流でやると、何事も結果を出すのが遅くなりがちなのです。
皆さんは、「歴史」を勉強したことがありますよね。
もし、過去の歴史を学ばずに、一から歴史を見つけていくとしたら、現代の歴史の学問と相当する量のものを見つけるのに、どれくらいかかるでしょうか?

膨大な時間がかかりますよね。一生では足りません。
ですが、教科書で学ぶことによって、その時間が一気に短縮され、数年間で学ぶことができるわけです。

これと同じように、「自己流」でやると情報商材の販売でも遠回りになってしまいます。
より近道をするためには、情報商材の販売を行ってきた「先駆者達」から「ここは危ないよ」とか「ここはこうした方がいいよ」とかを学んだ方が効率が良いですよね。

具体的には、どんなことがあるのでしょうか?例えば、「情報商材の販売のために必要な『流れ』」です。

SNS等で集客をして、メールマガジンに登録してもらって、そこで情報商材の販売をする。
これが基本的な流れですが、もしこの流れを知らなかったらどうなるでしょうか?
SNSで集客したら、いきなり情報商材を販売してしまったりします。
それをやると、中々売れなくなってしまうのです。

そして、「メルマガを通してやるべきだ」と気付いてからやったとします。
ですが、それでは遠回りですよね。

これと同じようなことが、自己流ではいくつも起こります。
なので、自己流はおすすめできないのです。

そうは言っても、全部真似すればいいというわけではありません。
特に、情報商材の販売では「人によって答えが違うもの」があります。
例えば、情報発信のやり方だと、「無料で全ての情報を発信するべきだ」と言う人もいますし、逆に「無料で全ての情報を発信すると、有料商材の価値が低下する」と言う人もいます。
どちらが正しいのかよくわからないですよね。

この「どちらが正しいのかよくわからない」という問題については、自己流。
もっと言い換えると、「自分の頭で考えて決める」というのが必要になってきます。

今回は、情報商材は自己流でやるべきかどうかを解説しました。
自己流でやるのは非常に効率が悪く、おすすめできません。
なので、少しでも近道をしたいという方は、ぜひ誰かから学ぶことをおすすめします。
今回の記事が参考になれば幸いです。